『ニートの歩き方』pha著

こういったものは時間が経ってから読みたいので、今更ながら読んだ。
2012年発行とある。当時であればかなり斬新で面白かっただろう。
イケダハヤト氏などブロガーの活躍を含めて、若者に生き方のオルタナを示した意義は大きい。
今はあまり珍しい事ばかりではないけど。


お金をランダムで再分配したり、1億人から1円ずつもらう、
という話は1度は考えたことがあるだろうし、
そういうシステムの実現可能性を感じさせるところが、この本の強みなのかも。


ただ、出家生活にも見えるので、無理しているようにも見える。
(本人は違うと言うと思うけど)
こういう生活のさらなるオルタナが何か考えないといけない。




スポンサーサイト
プロフィール

吹雪

Author:吹雪
書籍編集者です。担当ジャンルは人文書から法律といった専門書、生活実用まで幅広く。哲学研究をかなり真剣にやっていましたので、現実世界のちょっと上の次元に興味があります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR